• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

2019/01/18 18:34


せっかく心をこめて作った刺繍、可愛らしいブローチに仕立てるのはいかがでしょうか?

刺繍作家のannas(アンナス)さんが考えた、可愛くて何にでも合わせやすい『メイプルブローチ』をご紹介します。




ブローチにセットしている図案は『花の国』。



『メイプルブローチ』は3種類。Sサイズ(4cm)、Lサイズ(5cm)、オーバル(6.5cm×4.8cm)



裏側には回転ピンがついています。



でき上がった刺繍を誰かに見せたいと思っても、布のまま持っていくわけにもいかないし、

額装するのもちょっと大げさ……


でも、ブローチに仕立てれば気軽に持ち運びできるし、服やバックにつけたりするのも簡単。

贈りものにもできますよね。


ハンドメイド用のブローチ台はあっても、ほどんどは海外製。

品質にムラがあると感じる方も多いのではないでしょうか?


〈net store アンナとラパン〉の『メイプルブローチ』シリーズは、

日本国内の工房「森工芸社」さんにお願いして、ひとつひとつ丁寧に作っています。





森工芸社さんは、家具のパーツなど小さな加工品から、舞台装置などの大きな施工まで、

手がけているプロフェッショナル。

オリジナルのブローチ台を作るにあたって、プロ視点のアドバイスと技術を提供していただきました。

また職人気質な工房のイメージとは裏腹に、女性スタッフが多いのも特徴。

高品質で温かみのあるアイテムに仕上げるためのこだわりを、担当の石本さんにお伺いしました。



Q.『メイプルブローチ』のメイプルって何でしょうか?


メイプルとは「カエデ」の木のことです。

メイプルの無垢材は割りと手に入りやすいですけど、あんまり使っているところがないですね。

家具でもメイプルってそんなに聞かないです。

メイプルは幅が20cm無いくらいの細い素材しか取れなくて、家具とかに使うには中途半端かも。

でも白くて硬いし、木目がうるさくない。品があるのでブローチなどの小物にはぴったりなんです。






Q.こだわっているポイントは?


機械で型を抜いたあと、ひとつひとつペーパーで丁寧に磨いています。

磨くのにもレベルが色々あって、面やバリが取れていればOKという判断もありますけど、

私は触った時に尖っていたり、痛いのが好きじゃないから、指で触り心地を確認しながら作業しています。

ポイントは最後の研磨スポンジですね。これで丸みと手ざわりがすごく変わってくるんです。

スポンジを使って手のなじみに沿って磨くと、触った時と同じ感覚できめ細かく、

柔らかい感じに仕上がります。

刺繍をはめたときに、それが「作品」に見えるような、質の高さが大事だと思っています。



スポンジで磨くことで、触った時の心地よさが出てきます。


回転ピンをつけて完成です。





刺繍を入れると、このように。一気に作品感が出てきますね!


『メイプルブローチ』は刺繍だけではなく、様々なハンドメイド品にオススメです。

ニスを塗っていない、ナチュラルでシンプルなブローチ台は使いやすさも抜群。


ぜひ、お手元の刺繍をブローチ作品に仕立ててみてください。