2015/07/07 08:00


<この回のご質問>
ハンカチに刺繍される時、接着芯は使いますか?
裡面の処理に戸惑っています……。
なるべく玉留めとか引っかからないようにはしているのですが……。


<annasさんの回答>
ハンカチに刺繍するときのポイントが何点かあるので、説明をしていきたいと思います。
それでは手元の方にどうぞ。

(手元動画へ)

はいそれでは、ハンカチを用意します。
今ここにあるのはガーゼハンカチなんですけども、ガーゼハンカチはめちゃくちゃ薄いです。
そして、ほとんどのハンカチはだいたい薄いものが多いですね。
こうやって重ねてたたまなきゃいけないので、わりと薄目に作ってあるものが多くて、リネンとかでもかなり薄くて刺しづらいものが多いです。
なので、こういうハンカチなど薄い布に刺繍する場合は接着芯を使います。

まず、刺繍したいものの裏に接着芯を重ねます。
接着芯は刺繍用のものもあるんですけど、普通の接着芯は、こんなふうにノリがついてて、キラキラ光っていますね。ちょっとわかりづらいんですけど。
このノリを下にすると、最後アイロンした時にアイロン台にひっついてしまうので、ちゃんと内側にして、きれいに重ねて、そして刺繍枠をします。
こうすると布に厚みが出て補強されるので良いと思います。
これでも薄い場合は、スマ・プリというルシアンから出ている、私がすごく愛用している図案を写せて水に溶けるものがあるので、それを使ってもらっても良いと思います。

で、こういう状態で刺繍していきますね。
接着芯ごと刺繍してるので、刺繍が終わったら裏に接着芯が残ります。
これはこのままアイロンを当ててしまうと、裏が真四角になって変なので、ちゃんとギリギリで切ります。
これもギリギリで切ってます。見えますか?こんな感じです。

もう本当に際で切ってるんですね。
ただ無理して切ると、布を切ってしまうので、全部切るのは諦めて、こういう変なスペースが残っても良いです。
できるだけという感じで切ってもらって、出来上がりです。

では、裏をきれいにする方法です。
質問されている方はなるべく玉留めをしないで、と書いてましたけど、そうですね。
刺し始めさし終わりの動画を見ていただいて、できるだけ玉留めをしない方が裏がキレイです。

そして、たとえば、この辺から刺繍をしていて、あ、前のこの辺のところに戻りたい、と思った時に、こっちからこっちにビュンて思いっきり飛んで、またここ刺していこうとすると、裏に糸が渡ってる状態ができてしまいます。

これが美しくなくて、普段使ってる時に指とかが引っかかったりして良くないですね。
こういう時は刺繍した糸の中、こんな感じで潜らせるように(Mの文字だから道のりが長いんですけど)、こうやって丁寧に通してください。

これ表にひびかないようにしてくださいね。表に出ちゃうと変なので。
中を通してから、こっち側を刺繍するようにすれば、裏もキレイです。
できるだけ玉留めしないで、こういうふうに中を通せば、割と表に近い感じで裏ができるのでいいと思います。

ただ、やっぱり裏は裏なので、ある程度汚くなるのもしょうがないです。
まず、表がキレイにできることを考えて刺繍してください。


文字起こし:クミ